50歳からギター

50歳過ぎてエレキギター始めるの?

「ホントに50歳でギターを始めるの?」

そう、誰もが疑問に思うかもしれませんが、

 

答えは「はい、そしてそれは素晴らしい冒険の始まりです」というものです。

 

この記事では、なぜ50代からエレキギターを始めるという選択が、人生の豊かな章を開くきっかけになり得るのかを解き明かします。

年を取ることで得られる熟考と、時間を自分自身のために使う贅沢。

 

これらを組み合わせることで、ギターは単なる楽器を超えた存在になります。新しいことを始めることへの躊躇を捨て、

50歳からのギター生活がいかにして精神的な充実感、新たな自己表現、さらには社会的なつながりをもたらすか、そのすべてをこの記事で探求していきましょう。

 

 

第1章:年齢を理由にしない!50歳を過ぎてからの音楽学習のメリット

 

 

音楽は、年齢に関係なく楽しむことができる素晴らしい芸術です。50代でエレキギターを手にすることは、自己表現の新たな方法となり、心の若返りにもつながります。

この章では、50歳ギターの魅力を探り、速弾きに挑戦する楽しさも含めて、音楽学習がもたらすメリットを詳しく解説します。

 

2.1 心の若返りにつながる

50歳を過ぎても、心はいつでも若返りのチャンスを求めています。エレキギターはその強力な媒介者です。弦を弾くたびに、ロックンロールのビートがあなたの心を若々しいリズムで満たし、日々のストレスから解放してくれます。ギターを通じて新しい自己表現を見つけることは、自己実現の旅においても重要なステップであり、心の若さを保つ秘訣です。

 

2.2 脳の活性化効果

音楽を学ぶことは、脳にとって素晴らしい運動です。エレキギターの学習は、記憶力、集中力、そして多任務処理能力を含む、脳の様々な部分を駆使します。新しい曲を覚えたり、速弾きのテクニックを磨いたりすることで、脳の神経回路は刺激され、より強く、柔軟になります。このように、エレキギターの演奏は脳の若返りにも寄与するのです。

 

2.3 社会的交流の場としての役割

ギターはコミュニケーションのツールとしても大変有効です。音楽教室に通うことや、バンドを組むことで、同じ趣味を持つ仲間と出会い、交流を深めることができます。また、パフォーマンスを通じて聴衆とのつながりを感じることは、社会的孤立を防ぎ、人としての充実感を得る源泉となるでしょう。50代からエレキギターを始めることで、新たな人間関係が芽生え、人生の新しい楽しみが広がるのです。

この章では、年齢を越えて新しいことにチャレンジすることの素晴らしさ、そして音楽を通じた心と脳、さらには社会生活の活性化について探求していきます。50歳からのギターは、単なる楽器以上の価値をもたらすことでしょう。

 

第2章:始める前に知っておきたい基礎知識

 

エレキギターをこれから始めるというあなた、何から始めればよいのか迷っていませんか?エレキギターの種類、必要な機材、初心者におすすめの練習曲まで、基礎からしっかりと押さえていきましょう。この章では、40歳から、50代からギターを始める人向けに、ギター選びのポイントを紹介します。

 

3.1 エレキギターの種類と特徴

エレキギターには様々な種類があり、それぞれに固有の特徴と魅力があります。例えば、ストラトキャスターやレスポールは、ロックギタリストに愛され続けるクラシックなモデルです。ジャズやブルースにはセミアコースティックが適しています。このセクションでは、それぞれのギターがどのような音楽ジャンルに適しているか、そしてあなたの音楽スタイルに合ったギターの選び方を解説します。

 

ストラトキャスター

ストラトキャスターは、その明るくクリスピーなサウンドで知られるフェンダー社の名器です。細身のネックとコンター加工されたボディは演奏性が高く、ブルースからポップス、ハードロックまで幅広いジャンルに対応します。特に、クリーンな音から歪んだ音まで、多彩な音色を求める方におすすめです。

レスポール

ギブソン社のレスポールは、太く豊かなサステインが特徴のモデルです。ヘヴィなボディとセットネックの構造により、温かみのあるサウンドを生み出します。ロックギタリストに愛されることで有名ですが、その豊かなトーンはジャズやブルースにも適しており、表現力豊かなプレイを可能にします。

セミアコースティック

セミアコースティックギターは、その名の通り、アコースティックギターとエレキギターの中間に位置する楽器です。ボディ内部に空洞があり、ナチュラルな響きを持ちながらも、ピックアップを通じてアンプへと出力することができます。ジャズやブルース、カントリーに最適で、暖かく鳴り響くトーンが魅力です。

SG

ギブソン社のSGは、軽量で薄いボディ、ダブルカッタウェイのデザインが特徴です。扱いやすさと、鋭いトーンが特徴で、ロックやメタルに適しています。また、ハイフレットへのアクセスがしやすいため、ソロプレイを好むギタリストにも好まれます。

テレキャスター

フェンダー社のテレキャスターは、シンプルで頑丈な構造が特長で、明るくパンチのあるトーンを持ちます。カントリーミュージックをはじめ、ロック、ブルース、インディなど、多岐にわたるジャンルで愛用されています。

 

これらの特徴を理解することで、あなたの演奏スタイルや好みの音楽ジャンルに合わせたギターを選ぶことができます。50代からギターを始める際には、自分の好きな音楽や、どのようなサウンドを出したいかを考えながら選ぶと良いでしょう。また、実際にいくつかのギターを試奏してみることも、最適な一本を見つけるためには非常に重要です。音楽店でのスタッフのアドバイスや、ギター教室でのインストラクターの意見を参考にするのもおすすめです。自分に合ったギターを見つけて、50歳からの音楽生活を存分に楽しんでください。

 

3.2 必要な機材とその選び方

ギター本体だけでなく、アンプ、エフェクター、ピック、チューナーなど、演奏を始めるためにはいくつかの機材が必要です。初心者にとって何をどう選べば良いのか迷うところですが、このセクションでは初心者が賢く機材を選ぶためのガイダンスを提供します。

 

アンプ

エレキギターの音を増幅させるためにはアンプが必須です。小さな練習用アンプから、大きなライブ用アンプまでさまざまな種類があります。初心者の方には、まずは手頃な価格の練習用アンプを選ぶことをお勧めします。多くの練習用アンプには、さまざまな音色を出すエフェクトが内蔵されており、幅広いサウンドを試すことができます。

エフェクター

エレキギターの表現力を広げるためには、エフェクターも重要な機材です。しかし、初心者には多くの種類がありすぎて選ぶのが難しいかもしれません。最初は、多機能なマルチエフェクターを選ぶか、基本的なオーバードライブやディストーション、リバーブといった単体エフェクターから始めると良いでしょう。

ピック

ピックにはさまざまな厚みや形状があり、演奏スタイルに大きな影響を与えます。初心者のうちは、様々な種類のピックを試して、自分のプレイスタイルに合うものを見つけることが大切です。

チューナー

ギターを正確にチューニングするためには、チューナーが必要です。クリップ型やペダル型、アプリを使ったものなど、多様なチューナーがありますが、見やすく使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

ケーブル

ギターとアンプを繋ぐためにはケーブルが必要です。安価なケーブルでも機能しますが、耐久性や音質の面で少し高価なケーブルの方が長持ちすることが多いです。

 

 

3.3 初心者におすすめの練習曲

エレキギターを始めたばかりの頃は、簡単な曲から始めることが大切です。初心者におすすめの曲をいくつか紹介し、それぞれの曲がどのように技術の向上につながるかを説明します。

 

「Smoke on the Water」 - Deep Purple

この曲のイントロは、エレキギターの最も有名なリフの一つです。シンプルなフレーズながら、パワーコードの基本を学び、リズム感を養うのに最適です。

「Seven Nation Army」 - The White Stripes

この曲の主要なリフは、一本の弦を使用して演奏されるため、初心者にとって弾きやすいです。このリフを通じて、ピッキングの精度を高めることができます。

「Wonderwall」 - Oasis

アコースティックギターで演奏されることが多いですが、エレキギターでも素晴らしいサウンドを生み出します。コードチェンジの練習に役立ちます。

「Iron Man」 - Black Sabbath

ヘヴィなリフが特徴的なこの曲は、ディストーションを効かせたギターサウンドの演奏に慣れるのに適しています。また、リズムの強調の仕方を学ぶのにも良い曲です。

「(I Can't Get No) Satisfaction」 - The Rolling Stones

ロックギターのリズムプレイの基礎を学ぶのに最適な曲です。エフェクターの一つであるファズを使った、クラシックなギターサウンドを体験することができます。

「Knockin' on Heaven's Door」 - Bob Dylan

シンプルなコード進行で多くのカバーバージョンがあります。ギターソロを含め、基本的なアルペジオやストラミングパターンを練習するのに適しています。

 

第3章:独学か教室か?学習方法の選択

ギターを学ぶ方法は人それぞれ。自宅でコツコツ練習するもよし、50代ギター教室に通って専門的な指導を受けるもよし。この章では、自分に合った学習スタイルを見つけるためのヒントをご紹介します。また、教室選びのコツやオンラインレッスンの可能性についても触れていきます。

自宅での独学メソッド

自宅での独学は、特に始めたばかりの50代にとって、時間も費用も大きく節約できる非常に効果的な方法です。まずは、練習環境を整えることが重要です。静かで集中できるスペースを確保し、定期的な練習スケジュールを作成することから始めましょう。インターネットには初心者向けの無料レッスン動画やチュートリアルが溢れており、基本的なコードやスケール、曲を学ぶのに役立ちます。また、練習の進捗を記録し、定期的に自己評価することで、モチベーションを維持しながら上達を実感できます。

音楽教室の選び方と利用のコツ

音楽教室を選ぶ際には、数多くの選択肢がありますが、自分の目標に合った教室を見つけることが肝心です。教室の雰囲気、講師の専門性、教室の場所や価格など、自分にとって重要なポイントをリストアップしましょう。可能であれば、複数の教室で体験レッスンを受け、自分に合った指導スタイルを持つ講師を見つけることが大切です。また、レッスンで習ったことを自宅で復習し、次のレッスンまでに練習することで、学習効果を最大限に引き出すことができます。

オンラインレッスンの可能性

オンラインレッスンは、場所を選ばず、また移動時間を節約できるため、忙しい50代にとっても理想的な学習形式です。オンラインレッスンを提供するプラットフォームは多岐にわたり、ジャンルやスキルレベルに応じて最適な講師を見つけることができます。ただし、オンラインレッスンを選ぶ際には、講師のレビューやレッスンの形式を事前に確認することが重要です。また、オンラインでのコミュニケーションがスムーズに行えるよう、適切な機材(ウェブカメラ、マイク、安定したインターネット接続)を整える必要があります。

 

 

第4章:練習計画の立て方

効率的な練習は目標達成の近道です。この章では、50代趣味エレキギターを楽しむための練習計画の立て方をご提案します。モチベーションを維持しながら、コツコツと上達していくためのスケジュール作りについて詳しく解説していきます。

 

1 目標設定の重要性

目標設定は、練習に取り組む際の指針となり、何を成し遂げたいのかを明確にします。SMART(具体的、測定可能、達成可能、関連性があり、時間の枠組みがある)という目標設定の原則に従うことで、現実的で達成可能な目標を設定することができます。例えば、「1ヶ月以内に基本的なコードを全て覚える」という目標はSMARTに沿っており、練習に対する取り組み方を具体的に導きます。このような目標を持つことで、練習の進捗を追跡しやすくなり、定期的に目標を見直すことで継続的な改善と動機づけを促進します。

5.2 効率的な練習スケジュール例

効率的な練習スケジュールは、限られた時間の中で最大限の成果を得るための鍵です。例えば、週に4日、1日30分の練習を行うといった具体的なスケジュールを立てることができます。また、練習の内容をバラエティ豊かにすることで退屈を防ぎます。月曜日はコードの練習、水曜日はスケールの練習、金曜日はリズムトレーニング、土曜日はお気に入りの曲の演奏といった具体的な計画を立てることで、練習を楽しく、かつ効果的に進めることができます。

5.3 モチベーションを維持するコツ

モチベーションを維持するためには、自分自身の進捗を認識し、小さな成功を祝うことが重要です。例えば、新しい曲を1つ覚えるごとに自分へのご褒美を設けるなど、ポジティブなフィードバックループを作ることが効果的です。また、友人や家族に演奏を披露することで、他者からの肯定的なフィードバックを得ることもモチベーションを高める手助けとなります。さらに、ギター演奏を日常のルーチンとして取り入れ、一種のリラクゼーション時間として捉えることで、継続的な練習を楽しむことができます。

 

第5章:上達のコツと練習ポイント

エレキギターの演奏は、基本テクニックからギターソロ、さらには速弾きまで幅広い技術が求められます。この章では、特に50歳からギターを始める方々が、短時間で効果的に上達するためのコツと練習ポイントをお伝えします。

基本テクニックの習得

ギター演奏の基礎となるのは、しっかりとした基本テクニックです。初心者が最初に習得すべき技術には、正しい姿勢、ピッキング、フィンガリング、コードの押さえ方などがあります。これらの基本をマスターすることで、より複雑な演奏技術へとスムーズに進むことができます。練習方法としては、まずはギターを正しく持つことから始め、基本的なコードを覚えることをお勧めします。簡単な曲を使ってコードチェンジを練習し、徐々にテンポを上げていくことで、自然とスムーズな演奏が身につきます。また、メトロノームを使用してリズム感を養うことも重要です。

ギターソロに挑戦する際のポイント

ギターソロは、曲のクライマックスを飾る重要な部分であり、多くのギタリストがマスターしたいと思う技術の一つです。ソロを演奏する際には、まず基本的なスケールを習得し、それを基に即興演奏ができるようになることが大切です。ソロをカッコよく決めるためには、スケールの練習に加えて、フレーズを作る練習やバイブラート、ベンドといったテクニックを磨くことが必要です。また、自分の耳を信じて、感情を込めた演奏ができるよう心がけましょう。実際の曲のソロ部分をコピーして練習することも、技術と感性を磨くのに役立ちます。

ジャムセッションを楽しむための準備

ジャムセッションは、他のミュージシャンと協力して音楽を作り上げる、非常に楽しい体験です。ジャムセッションに参加するためには、まず基本的なコード進行や一般的な曲の構造を理解しておくことが必要です。また、他のプレイヤーと聴き合い、それに応じて演奏できる柔軟性も大切です。ジャムセッションに参加する前に、自宅で様々なコード進行やリズムパターンに合わせて練習を積むことが推奨されます。そして何より、ジャムセッションは音楽を共有する喜びを味わう場所ですので、完璧を目指すよりも、自分の演奏を楽しむことが何よりも重要です。

 

第6章:よくある失敗とその対処法

ギターを始めるときにありがちな失敗や、それをいかに克服していくかは、長く楽しむために重要なポイントです。この章では、特に「おばさんギター」「おっさんギター」と自嘲しがちな方々が直面する問題と、その解決策をご紹介します。

7.1 初心者が陥りがちな罠

ギターを始めたばかりの時期は、熱心さが先走り、いくつかの共通の罠に陥りがちです。例えば、速く弾けるようになりたい一心で、正確性を犠牲にしてしまうことがあります。また、練習の際には、難しい曲に挑戦しすぎて挫折を感じることもあるでしょう。これらの罠を避けるためには、基礎からコツコツと技術を積み上げていくことが重要です。最初は簡単な曲やエクササイズから始め、徐々にレベルを上げていくことで、無理なく着実に上達していくことができます。

7.2 練習中の怪我を防ぐ方法

長時間の練習や不適切な姿勢は、指や手首の痛みを引き起こすことがあります。これを防ぐためには、正しいフォームを身につけることが大切です。練習前のストレッチやウォームアップを怠らずに行うこと、適切な休憩を取りながら練習することで、怪我のリスクを減らすことができます。また、練習する際には、無理な力を加えずにリラックスした状態を保つことが重要です。

7.3 継習するための心構え

ギターの練習を継続するためには、正しい心構えが必要です。目標に向かって少しずつでも進歩していることを認識し、自分自身を適宜ほめて励ますことが重要です。また、練習が苦痛にならないよう、楽しいと感じる要素を取り入れることも大切です。たとえば、好きな曲の練習や、友人とのセッションを楽しむことで、モチベーションを維持することができます。練習は一日にして成らず、毎日の積み重ねが長期的な上達につながるということを忘れずに。

 

第7章:エレキギターと共に生きる生活スタイル

エレキギターを1人で楽しむ方法から、仲間とのジャムセッションまで、様々な楽しみ方があります。この章では、50代の趣味としてエレキギターを取り入れることで広がる、新しい生活スタイルに焦点を当てていきます。

8.1 音楽をライフスタイルに取り入れる方法

音楽を日常生活に取り入れることは、生活にリズムとハーモニーをもたらし、毎日を豊かに彩ります。エレキギターを始めることで、朝の目覚めに軽い練習をする、休憩時間に好きな曲を弾くなど、日々のスケジュールに音楽の時間を組み込むことができます。また、自宅のインテリアとしてギターを飾り、いつでも手に取って演奏できるようにすることも、音楽をライフスタイルの一部とする方法の一つです。さらに、音楽を聴く習慣を深めることで、演奏へのインスピレーションを得ることができます。

8.2 ギターを通じた新しい交流と出会い

ギターは単なる楽器以上のものです。これを通じて、音楽の好きな新しい友人を作ることができます。地域の音楽クラブに参加したり、ギター教室やオンラインコミュニティに加わることで、同じ趣味を持つ人々と出会い、刺激を受けることが可能です。また、公開ジャムセッションやオープンマイクイベントに参加することで、演奏技術を披露し、他者との交流を深めることができます。これらの活動は、人生に新たな友情と経験をもたらし、社会的なつながりを強化します。

 

8.3 演奏を通じて感じる生きがいと喜び

ギターを演奏することは、深い満足感と生きがいを感じる源泉となります。自分の感情を音楽を通じて表現することで、内なる感情を解放し、ストレスを軽減することができます。また、新しい曲をマスターした時の達成感や、演奏を通じて他者と共有する喜びは、日常生活に新たな活力をもたらします。自分だけの演奏スタイルを見つけ、それを磨き上げる過程は、自己成長の旅でもあります。音楽と共に生きることで、50歳からの毎日がより充実したものになるでしょう。

 

まとめ:50歳からのエレキギター、人生を豊かにする音楽の旅

 

 

エレキギターは、50歳から始めても十分に楽しむことができる、人生を豊かにする素晴らしい趣味です。当然、40歳からでも60歳からでも全然楽しめます!

この音楽の旅は、新しい技能を学ぶ喜び、創造的な自己表現の場、そして社会的なつながりを提供してくれます。

歳を重ねたからといって、新しいことに挑戦することを躊躇する必要はありません。ギターを通じて、かつての情熱を再燃させたり、未知の才能を開花させたりすることができます。

音楽は普遍的な言語であり、ギター一本あれば世界中のどんな人々とも心を通わせることができます。

50歳を過ぎてからのギター学習は、自己実現の旅でもあり、自分自身と向き合う時間でもあります。エレキギターの挑戦は、単に新しい楽器を弾くこと以上の意味を持ち、人生に新たな章をもたらすでしょう。

この音楽の旅においては、自分だけのペースで学び、自分だけのスタイルを確立することが大切です。

ギターを自分一人の趣味として楽しむのもよいですが、ギターを通じて、新しい友人を作ったり、家族との絆を深めたりすることも可能です。そして、ギターから得られる喜びは、日々の生活に新たな色を加え、心に潤いをもたらしてくれるでしょう。

年齢を重ねるごとに、時間はより貴重なものとなります。50歳から始めるエレキギターは、その時間を有意義に使い、自分自身の可能性を探求するための一つの手段です。この旅を通じて、音楽で人生を豊かに彩り、新たな自分を見つけ出しましょう。

50歳でも速弾き!いいね!

 

おばさんだってエレキギター!

あなたがおばさんだからと言って、新しい挑戦から遠ざかる必要はありません。むしろ、これはエレキギターを始める絶好の機会です。エレキギターは、自分の内側に秘められた情熱や創造性を引き出す素晴らしい手段です。初めての楽器だとしても心配はいりません。エレキギターは手に馴染むように設計されており、最初は簡単なコードから始めることができます。

年齢はただの数字で、新しいことを学ぶ能力や楽しむ心はいつでもあなたの中にあります。だからこそ、この機会に自分自身に挑戦し、エレキギターを始めてみてはいかがでしょうか。あなたの人生に新たな音楽、新たな喜びをもたらすことでしょう。エレキギターで新たな一面を発見し、未知なる可能性に自分自身を驚かせてみませんか?おばさんだからこそ、エレキギターで魅せる新たな一面を楽しみましょう!

 

Q&A

エレキギターを弾けるようになるまでどれくらいかかりますか?

ギターの1曲を完璧に演奏するためには、概ね合計10時間の練習が必要とされます。週3〜5日、1日30分ずつ練習すると、約1〜1.5ヶ月ほどで達成可能と考えられます。ただし、スキル向上は個々の差異があるため、この目安が全てに当てはまるわけではありません。

50歳から始める楽器でおすすめのものは?

1位 アコースティックギター、エレキギター、クラシックギター
2位 ピアノ
3位 声楽、ボーカル、ゴスペル
4位 バイオリン、チェロ
5位 フルート

上記のランキングは、50代から始めやすく、楽しむことが可能な楽器の順序付けです。

 

ギターを始めるのに適した年齢は?

ギターの学習を始める最適な年齢は一様ではありません。しかし、一般的には楽器をしっかり持てる3歳頃から始めることが可能です。3〜5歳向けの教室も多く存在します。ただし、この年齢ではまだ集中力が続かないことや遊び心が強いことを考慮する必要があります。

 

 

出来れば自宅で始めたい! という方に


ギター教室よりも上達が速い!

自宅で楽々ギターレッスン

自宅でギター始めたい方 こちら

 

-50歳からギター